患者さんへ

お知らせ

B型肝炎について

C型肝炎について

長野県 肝臓病患者会

かかりつけ医一覧
(長野県ウイルス肝炎診療ネットワーク登録医療機関)

相談・お問い合わせ

B型肝炎について

1.B型肝炎とは

慢性肝炎から肝がんになることも。

 B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)に感染することによって起こりますが、感染時期やウイルスの遺伝子型によって経過が異なります。
 母子間感染や乳幼児期の水平感染ではウイルスが肝臓に定着してしまうことが多く、一生にわたって感染状態が続きます。このように、体内にウイルスを持っている人を「キャリア」といいます。
 一方、成人になってからHBVに初めて感染した場合は急性肝炎を起こし、大多数はその後に治癒します。ただし、治癒後も少量のウイルス遺伝子が肝細胞内に残るため、免疫力が低下すると肝炎が再燃することがあります。
HBVの遺伝子型はAからJまでの9タイプあり(IはCの亜型)、日本でみられるのは遺伝子型BとCです。




 成人になってからの感染ではキャリアになることは稀です。しかし、これまで日本では稀であった遺伝子AのHBVによる急性肝炎が近年増えています。この場合は、成人でもキャリアになることが少なくないので注意が必要です。
 日本では、キャリアの多くは母児間感染によるものです。このため、B型肝炎は家庭内で集積しやすい病気といえます。キャリアは思春期から若年成人になると肝炎を発症します。その後、自然経過で肝炎が落ち着くことが多いのですが、一部は慢性肝炎から肝硬変へ進行し、肝がん合併の危険性が高くなるので注意が必要です。