患者さんへ

お知らせ

B型肝炎について

C型肝炎について

長野県 肝臓病患者会

かかりつけ医一覧
(長野県ウイルス肝炎診療ネットワーク登録医療機関)

相談・お問い合わせ

B型肝炎について

3.B型肝炎の検査

肝炎の活動性をみる ~血中のAST値・ALT値の測定~

 肝炎の検査の基本となるのが、血中のAST(GOT)とALT(GPT)です。これらは肝細胞中に多く含まれる酵素で、細胞が障害されると血液の中に出てきます。
 従って、これらの値が高いほど肝細胞の障害が高度であること、すなわち肝炎が活発であることを示しているのです。

【AST,ALTって?】

イラスト

ASTとALTは、いずれも肝細胞の中に多く含まれる酵素で、アミノ酸の合成に使われます。これまではGOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)、GPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)と呼んでいましたが、最近はGOTはAST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)、GPTはALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)と呼ぶようになりました。


B型肝炎を診断する ~B型肝炎ウイルス検査~

イラスト

 HBVの検査は種類が多いので分かりにくいかもしれませんが、それぞれウイルスの状態を把握するための役割を持っています。中でも診断の指標となるのが「HBs抗原検査」です。B型肝炎では常にHBs抗原が陽性になるからです。
 HBs抗原が陽性であることが分かると、「HBe抗原検査」や「HBe抗体検査」を行います。最初はHBe抗原陽性でウイルス量は多く、その後HBe抗体陽性となりウイルス量は少なくなります。HBe抗原陽性からHBe抗体陽性への変化(セロコンバージョン)やウイルス量の減少は免疫排除期に起きますが、基本的に患者さんにとってよい変化といえます。
 「HBV DNA検査」はウイルス量の検査です。この値でウイルスの活動性が正確に評価できるので、経過観察や治療効果判定に欠くことのできない検査です。ウイルス量が十分低下すると、予後がよいことが分かっています。

【B型肝炎を判定するマーカー】

B型肝炎ウイルス(HBV)が肝細胞で増殖すると・・・
血中でいろいろなウイルスマーカー(指標)が検出されます。

  • HBs抗原
  • HBVに感染している(通常HBc抗体も陽性)
  • HBs抗体
  • HBVに感染既往(多くはHBc抗体も陽性)
      HBVワクチン接種後
  • HBc抗体
  • HBVに感染既往(多くはHBs抗体も陽性)
      HBVに感染している(HBs抗原も陽性)
  • IgM-HBc抗体
  • B型急性肝炎(高力価)
      B型慢性肝炎の急性増悪(低力価)
  • HBe抗原
  • HBVの増殖力が強い
  • HBe抗体
  • HBVの増殖力は弱い
  • HBcr抗原(コア関連抗原)
  • 肝細胞中のHBVcccDNA量を反映
  • HBVDNA
  • ウイルス量を反映
  • HBVgenotype
  • 遺伝子型の判定

病気の進行度をみる ~肝臓の線維化の測定~

イラスト

 肝臓がどれだけ硬くなっているか(線維化)は、ウイルス肝炎の診療では重要な指標です。線維化の程度はF0~F4に分けられており、F0が正常、F1が軽度、F3が高度、F4が肝硬変であることを示しています。F3、F4になると肝がんの危険性が高くなるので注意が必要です。
 線維化の状態を調べるには、肝臓に細い針を刺して肝臓の一部を採取する検査(肝生検)があります。もっと簡便な方法としては、血中の血小板を調べて線維化の程度を予測する方法があります。血小板が少ないほど線維化が進んでいると推測でき10万/μL以下なら肝硬変の可能性が高いとされています。逆に15万/μL以上では線維化は軽度であることが推測されます。
 肝の線維化と血小板は遠い関係で結ばれています。すなわち、線維化が高度になると肝内の血液の流れが悪くなり、門脈と呼ばれる血管の圧が高くなります。これに伴い、脾臓のうっ血が起こり脾臓が肥大すると、ここに血小板が取り込まれ、血中での血小板数が低下します。

【血小板数は肝繊維化の目安】

    肝繊維化 血小板数
    軽度 F1 15~18万
    中度 F2 13~15万
    高度 F3 10~13万
    肝硬変 F4   ~10万

肝がんを早期発見する ~画像検査~

 B慢性肝炎は肝がんを合併することが多いので、定期的に超音波、CT,MRIなどの画像検査を行う必要があります。線維化が高度の場合は3か月に1回、軽度でも6か月~1年に1回程度はスクリーニングが必要です。


【肝がんを発見する検査のいろいろ】

イラスト
定期的に検査を受けることが大切です!

  • 画像検査
  • US(超音波)検査
  • CT(コンピューター断層)検査
  • MRI(核磁気共鳴)検査
  • 血管造影検査


  • 血液による腫瘍マーカーテスト
  • AFP
  • AFPレクチン分画
  • PIVKA-Ⅱ