患者さんへ

お知らせ

B型肝炎について

C型肝炎について

長野県 肝臓病患者会

かかりつけ医一覧
(長野県ウイルス肝炎診療ネットワーク登録医療機関)

相談・お問い合わせ

C型肝炎について

1.C型肝炎とは

患者数200万人の「第二の国民病」

 C型肝炎の原因はC型肝ウイルス(HCV)の感染です。肝臓でこのウイルスが増殖すると、ヒトの免疫がウイルスのいる肝細胞を攻撃し、結果として肝炎を発症するのです。
 ウイルスに感染すると、まず急性肝炎になりますが、そのうちの約70%はウイルスが排除されず慢性肝炎になります。いったん慢性化すると自然に治癒することは稀です。炎症が続く肝臓は線維化のため徐々に硬くなり、約20年で肝硬変、約30年で肝がんになるといわれています。
 日本での慢性肝炎の約70%はC型肝炎で、患者数は全国で200万人にもおよぶといわれています。そのため、かつての多くの人の命を奪った肺結核に代わる「第二の国民病」とも呼ばれているのです。


【HCV感染から肝炎へ】

  • ウイルス感染だけでは肝炎は起きません。
  •    ↓
  • リンパ球が攻撃を始めると慢性肝炎になります。